2人暮らしの月間支出・内訳を統計データと比べてみた【都内30代夫婦】

そういえば1か月間にどれくらいお金使ってるんだろう。

仕事仲間とオンライン会議していたらふと気になりました。

はるお

もし、無駄遣いしすぎてたらもったいないなぁ…

お金の管理はとっても大事なことなので、まずは1か月間にどれくらいお金を使っているのか確認することにしました。

都内在住の30代夫婦の1か月間の支出と内訳を公開します。

この記事で分かること
  • 都内在住共働き夫婦の月間支出と内訳
  • 都内30代夫婦二人暮らしで必要なお金の参考例
スポンサーリンク

都内2人暮らし、共働き夫婦の月間支出と内訳

1か月間にどれくらい自分たちがお金を使っているのか、気になりだしたらキリがないですよね。

仕事仲間との会議中にふとそんな話になったので、月間支出と内訳を整理してみました。

はるお

支出をちゃんと確認してなかったからとってもいい機会になった!

はるこ

支出整理するとお金を節約できそうなとこが分かるね!

1か月間の支出内訳と統計データとの比較はこちら

我が家の支出の内訳は次の通りです。

(家賃補助の金額を間違えていたので修正しました。2021/04/29)

項目はることはるお都内夫婦のみ世帯*
食料90,000円76,040円
住居135,000円22,401円
(家賃補助)-90,000円
光熱・水道30,000円21,104円
家具・家事用品10,000円14,245円
被服及び履物5,000円7,840円
保健医療50,000円17,614円
交通・通信10,000円23,307円
教育
教養娯楽35,000円25,443円
その他の消費支出35,000円60,999円
合計310,000円268,993円
*東京都総務局統計部の2020年12月のデータ参照

その他の消費支出は「美容室などの諸雑費・小遣い・交際費・仕送り」などです。

はるお

テレワークでほとんど家で過ごしてるから、交際費と交通費は0円!

はるこ

その分、光熱・水道と食費がかさんでるね~。

保健医療も結構高め!

都民の住居がかなり低く感じるけど、持ち家の人とかでお金かからない人も含まれてるからこうなるんでしょうね。

住居費を除くと合計はこんな感じです。

はることはるお都内夫婦のみ世帯
合計265,000円246,592円
はるお

想像してた以上に平均に近かった!笑

生活にゆとりを感じる?

都内に住んでいる夫婦のみ世帯とほとんど同じくらいの金銭感覚で生きてることが分かりました。笑

実際この支出で生活にゆとりは感じるかどうか気になる方もいると思います。

はるお

生活にゆとり感じてると思う。

もともとあんまり欲しいものがないからってのもある。笑

はるこ

おうちでゲームしたりご飯作って食べたりするだけで楽しいから、窮屈さはないよね。

無駄遣いするのは好きじゃないけど、あんまりどれくらい使ってるか考えずに生活してるので窮屈なくらしではないです。

スポンサーリンク

とはいえ節約できそうなところも見つかった

東京都総務局統計部の統計内の「都内夫婦のみ世帯」よりも高い項目もありました。

「都内夫婦のみ世帯」より贅沢してる項目
  • 食  費
  • 保健医療
  • 教養娯楽

食費について

テレワークで忙しい時は出前とかウーバーイーツを週3回程度利用しています。

はるお

1回3,000円と考えても週3回利用で、月換算36,000円

「都内夫婦のみ世帯」は外食費1万円程度なので、頑張れば節約できます。

はるこ

でも忙しい時は助かるよね。

贅沢で利用してないからOKって事にしましょ!

保健医療について

あまり病院には行ってないので、ほぼ保険で50,000円かかっています。

はるお

学生の時に両親が入れてくれたのを続けてるから一回くらい見直してみたい。

はるこ

保険わたしも見直したい!

教養娯楽

教養娯楽はゲームよく買うから趣味に使うお金は結構かかってます。

ただ、他とのバランスを考えるとそこまで浪費してるような金額でもなさそうです。

はるお

欲しいゲーム出たら買っちゃう…

でもゲームは買ったらしばらく遊べるからコスパは高いかも。笑

はるこ

買うときの言いわけで「飲み会行ったらソフト1本分」てよく言ってるよね。笑

オンライン英会話とか、仕事とかの勉強本を買うお金もそこそこかかってるので大きくバランスが崩れているわけではないですね。

東京都の平均的な共働き夫婦にかかるお金を考えてみた。

繰り返しになりますが、東京都総務局統計部の統計によれば、2020年12月の「都内夫婦のみ世帯」の住居を除く金額は次の通りです。

246,592円

僕たちも大体この金額だけど、実際これって多いのでしょうか。

都内夫婦のみ世帯の月の平均食料費はほんとに7~8万円なの?

統計データでは食糧費は76,040円です。

はるお

ホントにこの金額なのかな?

例えば次の条件で考えてみると、どれくらいかかるでしょうか。

条件:食糧費を切り詰めてない共働き夫婦
  • 共働き夫婦
  • 朝晩は家で食事
  • 二人とも週5日出勤
  • ランチは会社のそばで外食
  • 週1回だけ晩ごはんに外食

この夫婦の1日の食費を次の内訳で考えてみます。

項目1日にかかる金額
朝ごはん(自宅)約500円
(1人分:250円)
平日ランチ(外食)約2,000円
(1人分:1,000円)
休日ランチ(自宅)1,000円
(1人分:500円)
晩ごはん(自宅)1,000円
(1人分:500円)
週一晩ごはん(外食)4,000円
(1人分:2,000円)
飲み物・おやつ200円
(1人分:100円)
はるお

都内のランチって結構高いんだよね。

例えばこの条件だと1か月(4週間)でいくらかかるでしょうか。

想定した条件での月間食料費

合計:107,600円

東京都総務局統計部の統計と比べると+31,560円です!

平日のランチをお弁当にして1日半分の1,000円と考えても+11,560円。

はるお

共働きだと毎日料理するの大変なのに、その上毎日弁当はなかなかつらい。

はるこ

美味しいお店もたくさんあるし、週一回くらいの外食は確保したいよね。

都内の共働き夫婦ならば、一カ月の食費が10万円ってそこまで大きく外れた金額ではなさそうです。

人によってはもっともっと使ってます…

スポンサーリンク

平均金額の食料費を実態に合わせた場合の月間支出

あまり特殊じゃない想定で月の食料費を計算してみると、統計から+31,560円になりました。

統計の金額って家賃も全然かかってないから結構現実は厳しいんじゃないでしょうか。

はるお

統計データの食料費は平均値だから実態から少しずれるよね。

出勤しなきゃいけない世帯ってランチにお金かかるから実際もっと増えそう。

はるこ

私たちみたいなテレワークじゃないとランチ節約って難しいよね。

家賃も1LDKとかだと10万円平気で超えてくるよね。

次の手順で食料費と住居費を実態に合わせて計算しなおしてみましょう!

  • ①:「統計データ」から「住居費」と「食料費」を引く!
  • ②:引いたあと「想定住居費」と「想定食料費」を足す!

「想定住居費」はYahooの都内1LDK/2K/2DKの平均金額126,000円を採用。
・「想定食料費」は記事内で計算した107,600円を採用。
住居と食料以外は人によるから統計データを採用。

①は170,552円(=268,993円 – 22,401円 – 76,040円)

②は404,152円(=170,552円 + 126,000円 + 107,600円)

統計データをもとに共働き夫婦の実態に合わせて考えてみた1か月の支出」は404,152円です。

切り詰めない共働き夫婦生活で必要な1人当たりの手取り

はるお

切り詰めずに404,152円かかるとして、1人当たりで考えると202,076円。

はるこ

1人手取り20万円だと赤字になっちゃいそう。

東京都できりつめずに生活するには共働きで1人当たり手取り21万円は必要になりそうです。

統計データと比べたら節約できそうなポイントが分かった

統計データを見ていくことで「切り詰めない平均的な都内共働き夫婦」の1か月間の支出は404,152円だという事が分かりました。

共働きで1人当たりだいたい手取り21万円あればこの生活ができそうですが、貯蓄をしたければ必要な分だけ上がります。

僕たちは自分たちの月間支出と見比べて「保険医療費」を見直してもいいかなという結論に至りました。

はるお

他の人と比べると自分たちの節約できるポイントがはっきりした!

はるこ

保険料の見直し頑張る!勉強するぞー!

統計データを上手く使って、自分たちのライフスタイルに合わせて節約を進めたいですね。

スポンサーリンク

友達に教える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です