【Sky】フレンドいない人は損!?協力プレイのメリット3選【星を紡ぐ子どもたち】

「Sky楽しいけどいつもソロプレイで寂しい…」って方はフレンドを作ってみてください!

フレンドとプレイしてこそSkyを100%楽しめると言っても過言ではありません。

はるこ

Skyはフレンドさんを作るメリットがいっぱいある!

この記事を読むと、あなたもきっとフレンドさんを探したくなりますよ!

スポンサーリンク

フレンドを作るとメリットがたくさんある!!

フレンドと一緒にプレイするだけで楽しさ2倍なのに、それだけでなくメリットも沢山あるんです!

今回はSkyでフレンドさんを作ることのメリットを紹介します。

一番の推しポイントはハートを贈りあえること!!

Skyではハートがとっても重要なアイテムです。

ハートは髪型やケープなどを解放するときに使うアイテムで、たくさん必要になります。

フレンド同士では、キャンドルを消費することでハートを贈りあうことができます。

つまり、フレンドさんと協力することで効率的にハートを集められます!

はるこ

アイテムたくさんあるから、ハートはいくらあっても足りない!

ハートを贈り合う意味ってなに?

ハートは精霊さんにキャンドルを渡すことでも手に入れられます。しかし、精霊さんから手に入れられるハートの数には限りがあります!

キャンドル×3消費するとフレンドさんにハートを贈ることができます。ハートのプレゼントを相手にもやってもらうことで、お互いにキャンドルを消費してハートを手に入れられます。

フレンドさんにハートを贈る回数は1日1回で毎日リセットされるので、精霊さんから手に入れられなくなった後でおすすめのハートゲット方法になります!

スポンサーリンク

キャリーしてもらえばオートキャンマラできる!!

ハートを手に入れるのもフレンドにハートを送るのもキャンドルがないとできません。

Skyに慣れてくるとキャンドル探しの旅、キャンドルマラソン(通称、キャンマラ)をします。

でも、初心者さんはキャンドルを集めようと思っても、どこに行っていいか分かりませんよね。

操作に慣れないうちは、フレンドさんに追従することで、自分で操作していなくてもキャンドルを集められます。

つまり、フレンドさんと協力すると効率的にキャンドルを集められます!

はるこ

初心者さんは、Sky歴の長いフレンドさんに追従するのがおすすめ!

追従ってなに?

追従っていうのは自分以外の誰かに自動でついていく操作なんですが、上手なフレンドさんについていけば操作に不安があってもキャンドルを一緒に集められます☆

スポンサーリンク

互いに助け合いながらプレイできる!!

Skyを進めていくと、一人だと進めない場所や達成が難しいクエストなどがあります。

そんなときもフレンドさんと一緒に行動していれば、問題なくサクサク進めることができます。

実際難易度が高くて心が折れる場所もあるのですが、フレンドさんとチャレンジするとその困難さえも楽しみの一つになります!

つまり、フレンドさんと協力すると、難易度の高いエリアも楽しく攻略できます!

はるこ

ここ、一人じゃ進めないよー!はるおさんちょっとskyログインして!!

フレンドさんと交流するようになったらSkyがより楽しくなった

これまでプレイしていく上でのメリットについて説明してきましたが、フレンドさんと一緒にプレイするのって、単純に楽しいです!

はるこ

みんなでお花見したり、花いちもんめしたり・・楽しみ方はいっぱい!!

Twitterでよく見るフレンドさんとの写真とか、見た目を一緒にする仲良しコーデとか、フレンドさんと旅をしてて起きたハプニングとか、数えきれないほど思い出ができます。

Skyは他のプレイヤーさんからの協力の気持ちを感じられる素敵なゲームです。

最近ではSNSやゲームきっかけでパートナーを見つける人も少なくないので、Skyのフレンドさんが人生を共に過ごす大事な人になってもおかしくありませんよね!

ちょっと飛躍してしまいましたが、もしそうなった人がいたら書籍化してほしい!笑

フレンドさんとはお互いにメリットも楽しさも共有できる

フレンドのメリットについておさらいしましょう。

Skyフレンドのメリット
  • ハートを効率的に集められる!
  • キャンドルを効率的に集められる!
  • 難しいエリアを協力して攻略できる!

メリットがあるだけではなくて、フレンドさんがいることでSkyの世界をより一層楽しく色鮮やかにレベルアップさせられます。

はるこ

やっぱり一緒に遊んでくれる人は大事にしたいよね!

フレンドさんいつもありがとう!

身の回りにSkyをやっている人がいないなら、友人や恋人に勧めてみてもいいし、Twitterでフレンド募集してみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

友達に教える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です